これって不眠症!?不眠症の症状と原因4つ

これって不眠症!?不眠症の症状と原因4つ

 

忙しい毎日に眠れない日々が続くことはありませんか?眠れない日々が続くと「私って不眠症なの!?」と感じるケースもありますよね。もしかしたら思い込みで安易に睡眠導入剤などを取り入れている人もいることでしょう。しかし、安易に睡眠導入剤を服用する習慣がついてしまうと、依存症となり、なかなか自力では眠ることができなくなっていきます。加えて、幾つかの副作用もあるので注意が必要です。ここでは、安易に睡眠導入剤などに手を出してしまう前に正しい不眠症の症状と原因についてご紹介していきます。

不眠症の症状4つ

不眠症の症状4つ

 

不眠症と一言で言っても、症状は様々です。一般的には、夜上手に入眠できない場合に感じるケースが多いことでしょう。しかし、不眠症の症状とはそれだけではありません。自分が不眠症かも!?と感じている場合には、ご紹介する4つの症状に当てはまるのかをチェックしてみてください。全て当てはまる場合には、重度な不眠症かもしれません。2つ以上当てはまる場合には、危険信号。1つでもあれば不眠症予備軍です。

 

1.なかなか寝付けない

 

不眠症の症状4つ

 

なかなか夜ベッドに入っても眠れない症状が現れます。時間としては眠ろうとしてから30分〜1時間以上かかるケースを指しています。眠る前に脳を活発に使っているケースではなかなか眠れない場合もあることでしょう。そのような場合を省いて、心身共にリラックスしているにもかかわらず、眠れない状態が長く続くようなら、それは、入眠困難タイプの不眠症に分類されます。

 

2.夜中に何度も目が覚める

 

不眠症の症状4つ

 

夜中に何度も目が覚める症状も不眠の症状です。トイレだけではなく、起きる必要もないのに、2回以上目が覚めるケースのこと。トイレで目が覚める症状は不眠だけとは限りません。別の体調不良が原因の場合もあることでしょう。また、違う疾患や、子育て中のママが目が覚めるケースは不眠とは違うので勘違いしないでくださいね。体調不良や目覚める必要がない場合に何度も目が覚める場合を中途覚醒型の不眠症と呼んでいます。

 

3.起床時間よりも早くに目が覚めてしまう

 

不眠症の症状4つ

 

起きる予定時刻の2時間くらい前に自然と目が覚めてしまうケースや、目覚ましをセットしているにもかかわらず毎日それよりも早く目覚めてしまう場合です。その後再度眠ろうとしても眠れない場合には、不眠の症状。この症状は辛いですよね。まだ眠れるはずなのに、覚醒してしまって、ちっとも眠れない。昼間の倦怠感にも繋がります。この症状は早期覚醒型の不眠症に分類されるのです。

 

4.よく寝たつもりでもだるさが残る

 

不眠症の症状4つ

 

長時間寝ていても、寝起きが悪く昼間倦怠感が残った状態です。実はこれも不眠の1つと考えられ、熟眠障害の不眠症の一種に数えられるのです。体を休めるレム睡眠と脳を休めるノンレム睡眠のバランスが悪いケースで起きる症状。寝ても寝ても寝た気がしないと言う人もこの症状の不眠症なのかもしれませんね。

不眠症の原因4つ

不眠症の原因4つ

 

では、4つの不眠症の症状の原因はどこにあるのでしょうか。気をつけたいポイントと共に原因を4つご紹介していきます。

 

1.環境の変化に対応できない

 

不眠症の原因4つ

 

例えば、枕が変わって眠れない、布団や毛布が変わると眠れないなどの経験はありませんか?このことがトリガーとなって不眠症状を引き出すケースがあります。環境の変化に体と頭がついていけない状態ですよね。この他、気温の変化についていけないことや、騒音などの影響もあるかもしれません。または、海外旅行などの影響で時差が起こることで不眠を引き起こすケースも考えられます。環境要因に起因して不眠症を引き起こした場合には、環境に慣れることが一番です。ですが、一度不眠の症状が出た場合には、なかなか環境を戻しても改善されないことでしょう。アロマ効果を利用する方法や、寝る前の適度な運動などを取り入れる方法で改善していくしかありません。

 

2.年齢や身体的な不調

 

不眠症の原因4つ

 

加齢による不眠の症状や、体がかゆい、痛いなどの原因で不眠症を患ってしまうケースもあります。加齢による要因の場合には、無理に眠ろうとはせずに眠くなったら眠る習慣にするのも1つの手段です。人間は自然と加齢と共に睡眠時間が減少していきます。これは自然のことですので、昼間に倦怠感がないのであればあまり心配する必要はありません。それでも気になるようなら、昼間適度な運動を取り入れ、できるだけ冷え対策を行うようにしましょう。カフェインの摂取のしすぎにも注意。どうしても不眠の症状が改善しない場合や、体調不良が原因の場合には、適切な医師の判断を仰ぐようにしましょう。

 

3.悩みやストレス

 

不眠症の原因4つ

 

悩みやストレスが原因で不眠の症状が出ることも。できるだけストレスを取り除き、眠る前にはリラックスするといいでしょう。とはいえなかなかすぐには悩みは解消できませんよね?深刻になる前に医師に相談することも大切です。

 

4.生活習慣の偏り

 

不眠症の原因4つ

 

生活習慣で不眠の症状を引き起こす場合もあります。例えば、アルコールの常用習慣があると、依存気味になって、アルコールを摂取しないと眠れないこともあるでしょう。ニコチンやカフェインの摂取のしすぎにも注意です。何事も依存傾向があると不眠の症状に繋がります。生活習慣を規則正しいものにして適度な運動を取り入れましょう。また、就寝前の入浴も効果的!就寝一時間前くらいに入浴する習慣を取り入れましょう。

まとめ

不眠症の症状と原因|まとめ

 

不眠症の症状を正しく理解して、自分が本当に不眠症なのかを判断してくださいね。もしも当てはまった場合には、考えられる原因をチェックし、原因を取り除く工夫を行うといいでしょう。

 

それでも不眠が解消されない場合には、専門医に相談することをおすすめします。
自己判断で睡眠薬や睡眠導入剤を安易に服用すると依存傾向や副作用の心配があります。もしも、服用する場合には使用上の注意を確認し、正しく服用するようにしてくださいね。

 

参考サイト:外壁塗装の費用相場|戸建ての施工例から知る失敗しない方法