睡眠不足は昼寝で解消!?睡眠の質を高める5つの方法!

睡眠不足は昼寝で解消!?睡眠の質を高める5つの方法!

 

毎日の睡眠は足りていますか?理想的な睡眠時間は1日7〜8時間と言われていますよね。

 

しかし、忙しい毎日で理想的な睡眠時間を取り入れるのは、難しいのが現実ではないでしょうか。
仕事を持つ女性であれば、家事と仕事の両立は睡眠を削って補うことがありますし、子育て中の女性は夜中も休む暇はありません。

 

ここでは、睡眠不足を補う昼寝の方法と睡眠の質を高める5つの方法をご紹介していきます。

睡眠不足は睡眠負債を引き起こす!

睡眠不足は昼寝で解消!?睡眠の質を高める5つの方法!

 

睡眠不足は「睡眠負債」を引き起こすと言われているんです。
睡眠負債とは読んで字の如く、睡眠不足の蓄積のこと。睡眠不足が溜まっていくと体へのストレスが溜まり、気がつかないうちの脳の機能が低下していってしまいます。

 

また、睡眠負債が美しいスタイル維持の妨げになることも。起きている方がカロリー消費に繋がり、痩せるのでは?と感じがちですが、実は違います。
起きているとどうしても「お腹が空いた」と感じることがあるでしょう。結果的にカロリーを摂取してしまうことが多くダイエットには夜更かしは大敵なのです。

 

また、夜間に起きていることによって、インスリンが体内に残りやすくなり、糖分を脂肪に変える結果となります。
そのため、睡眠不足は太りやすい体質に変化させると言われているんです。

昼寝で睡眠不足を補おう!

睡眠不足は昼寝で解消!?睡眠の質を高める5つの方法!

 

1日7〜8時間の睡眠時間の確保が理想的ではありますが、なかなかその睡眠時間を確保することは難しいことでしょう。
そこで、効率的に昼寝を取り入れることで睡眠負債の状態を脱することができるのです。

 

昼寝を行う主婦はグータラな印象を持ってしまう人も多くいることでしょう。
しかし、睡眠負債の状態を解消するためには積極的に取り入れて欲しい習慣となります

 

。昼寝を行う際には、できるだけ早い時間に!15:00までの間に行うようにしてください。
おおよその目安は15分〜20分。軽い昼寝に止めることが大切です。また、明るいところで昼寝をするようにしましょう。

 

昼寝を取り入れることで、昼間の活動が軽快に進みますよ。お仕事をしている人でも効率が格段にアップすることでしょう。
早めの時間に昼寝を取り入れることによって、昼間の活動が活発にこなせ、入眠も早い時間に可能となります。

寝溜めは体へのリスクが高い!

睡眠不足は昼寝で解消!?睡眠の質を高める5つの方法!

 

昼寝で睡眠負債を解消できるなら週末の寝溜めなども効果的に感じられるかもしれません。

 

しかし、寝溜めは身体に大きなリスクを残してしまいます。
例えば、土曜日の起床時間がお昼頃になってしまうと、また土曜の夜の就寝時間が後ろ倒しになってしまいますよね。
更には月曜までその悪循環を引きずってしまうことになってしまうことも。

 

実は、事故率は月曜日に高いと言われています。寝溜めによる生活習慣の乱れなのかもしれません。
寝溜めをするよりも昼寝で睡眠負債を補うように心がけてくださいね。

睡眠の質を高める方法

睡眠不足は昼寝で解消!?睡眠の質を高める5つの方法!

 

では、睡眠の質を高める効果的な方法とはどんな方法があるでしょうか。

 

睡眠の質って実は曖昧でよくわからないところ。
昨今では、快眠アプリなども世の中に出回り、身体に負担が少ない時間に目覚ましをセットすることも可能になってきました。

 

しかし、このサプリは、快眠を促すわけではありません。眠りの質を高めるためには生活習慣の改善が大切なのです。

 

明るいところで昼寝、暗いところで夜寝の習慣を

 

睡眠不足は昼寝で解消!?睡眠の質を高める5つの方法!

 

人間の脳は実にデリケートで素直に作られています。
日差しがあると昼間だと認識し、暗い場所では夜だと錯覚してしまうこともあるんですよ。

 

そのため、夜寝る際には、電気を消してできるだけ暗い静かな場所で睡眠をとるようにしましょう。
昼寝の際には、敢えて明るい場所で昼寝を行い寝すぎ防止につなげることが大切です。

 

このようにメリハリをつけるだけでも睡眠の質はぐっとアップしていくことになります。

 

食習慣の改善

 

睡眠不足は昼寝で解消!?睡眠の質を高める5つの方法!

 

三食はしっかりと食べて、朝にはタンパク質をしっかり摂るように心がけましょう。
朝のタンパク源は日中の元気の源「セロトニン」の分泌を促し、夕方以降は「メラトニン」に変化し、快眠を促すことになります。
そのため、できるだけ朝にはタンパク質をしっかりと摂ることが大切。できれば起床後一時間以内に朝食を摂取するようにしましょう。

 

お昼は栄養バランスのとれた定食などをしっかりと食べ、夕飯は、睡眠の4時間前くらいまでには済ませるようにしてくださいね。
まだ胃に物が残った状態では、睡眠時に脂肪を蓄積してしまい美容にも大敵です。入眠の妨げにもなることでしょう。

 

寝る前に緊張をほぐす

 

睡眠不足は昼寝で解消!?睡眠の質を高める5つの方法!

 

寝る前に緊張をほぐすことも大切です。
寝る前に軽くストレッチなどを取り入れて身体を緊張させて一気にほぐす方法は効果的。緊張がほぐれることで入眠効果が得られます。

 

スマホは手放す!

 

睡眠不足は昼寝で解消!?睡眠の質を高める5つの方法!

 

スマホの画面は寝る前の覚醒作用があるため、できるだけ寝る際には、スマホを手放すようにしてください。
また、寝ている間の連絡で一気に目が覚めてしまうこともありますよね。寝るときにはマナーモードにするなどして、スマホを触らなくてもいいよう環境を整えましょう。

 

入浴時間は寝る1時間前が目安

 

睡眠不足は昼寝で解消!?睡眠の質を高める5つの方法!

 

入眠効果を得るためには、身体の深部体温を下げることも大切。
そのためには寝る一時間前には、入浴をすませて表面温度を高めておきましょう。表面温度を高めて発汗することで体内の深部温度を下げる働きがあります。

 

快眠を手に入れられたなら、寝覚めがよく、日中のだるさを引きずらない状態に改善されますよ。
睡眠の質を高めることで、睡眠負債を解消していきましょう。快眠を手に入れた後に各種アプリなどを利用した快適に起きられる目覚ましなどを取り入れることをおすすめします。

 

まとめ

睡眠不足は昼寝で解消!?睡眠の質を高める5つの方法!

 

いかがでしたか?昼寝を効率的に取り入れて睡眠不足を解消してみてください。

 

また、睡眠の質を見直し、快眠できる生活習慣を取り入れられるといいですよね。
子育て中のママさんの場合にはちょっぴり難しいケースもあることでしょう。

 

しかし、少しでも意識することで昼間の疲れの解消と美容を手に入れられるかもしれません。参考にしてみてくださいね。